AIカメラ活用ドットコム

「作業の見える化」でライン作業の生産性を10%向上

2022-11-07 15:19 By info

業種:製造業

改善内容:生産性向上

活用した機能:「人流分析」、「作業分析」

概要

  • AIカメラ付きLED照明を活用した画像解析
  • 人の動きや手の動きの「見える化」をサポートし、安全管理、生産性向上に活用
  • 通常のAIカメラとは異なりLED照明と一体型になっているため以下3つのメリットがある

①天井に取り付けるため死角が少ないこと

②照明と一体型のため設置場所に困らず、電源の供給がしやすく設置工事の手間が少ないこと

③LED照明と一体型のため撮影場所への十分な明るさの確保ができること

活用例

①人流分析・・・人の動きを描画し、人流の見える化

  • 人をAIで認識し動きを座標データとして数値化できるため、動きの無駄の可視化や作業場のレイアウトの再構築

②作業分析・・・手指を認識して作業の見える化

  • タクトタイム計測による計測作業の自動化
  • 解析によるボトルネック作業の洗い出し
  • ベテランと新人の動画を比較し、スキル向上と無駄の見える化

導入前の課題

  • 3人1組の機器組み立てラインがあります。
  • 受注増により作業効率を改善し、生産量を増やしたいです。
  • どうしたら作業効率が改善するのか分かりません。
その他の導入事例はこちら

作業場の天井に

AIカメラを設置導入

導入後の効果

  • 「人流分析」と「作業分析」の解析の結果、3人のうちの1人の作業量が多く、隣の人が動いてフォローをしていることが判明しました。
  • ボトルネックになっている作業を平準化することで作業効率が上がり、ライン作業の生産性を10%向上につながりました。